テレビ」カテゴリーアーカイブ

【悲報】「坂上探検隊」、大炎上wwwwwwwwww

Published / by kyousoku1
<狩野英孝>猛獣ガブッ!「坂上探検隊」大炎上

1 :  2018/01/27(土) 22:49:24.66 ID:CAP_USER9.net
1月27日に放送されたバラエティ番組「坂上探検隊」(フジテレビ系)が大炎上している。

同番組は「世界各地の規格外のスポットを隊員たちが体を張って調査する、まさに“怖い物知らず”のVTRが続々と登場する番組」(公式サイトより)。中でもお笑い芸人の狩野英孝(35歳)は、南アフリカ共和国の大自然の中、動物の着ぐるみを着て猛獣と“自撮り”するという企画に挑んだが、これが「危険すぎるのではないか」と批判の声が上がっているのだ。

狩野はチーター、ワイルドドッグ、ライオンといった猛獣と“自撮り”する際に、各動物に獲物と思われてしまい、襲撃されて噛まれてしまう。チーターとライオンについては着ぐるみの外側を噛まれただけで済んだようだが、ワイルドドッグの撮影時には草に擬態する軽めのかぶり物をしていただけで、複数のワイルドドッグに囲まれてガブリとやられ、狩野は「痛っ!」と何度も声を上げていた。

安全な防具を着込んでいるシーンもあったほか、「南アフリカではVTRのように動物に接近する行為は禁止されています。ただし、今回の撮影は広大な私有地で人に飼われ、人に慣れている動物たちに対して、動物の生態を熟知している所有者の許可と指導のもと、安全に配慮して行いました」との注意書きも出されるなど、番組側は安全面に十分気を付けての撮影だった旨を伝えてはいたが、狩野が噛まれているシーンでもディレクターが笑いながら“自撮り”を指示したり、VTRを見守る出演者たちの大笑いする様がワイプで流れていたり、といったことに違和感を覚えた視聴者は少なくなかったようだ。

全文
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14219432/


1

続きを読む

【悲報】『ぷっ』すま、終わる

Published / by kyousoku1
"草なぎ" 「ぷっ」すま3月で終了、節目20年で幕引き

1 :  2018/01/27(土) 05:03:21.37 ID:CAP_USER9.net
草なぎ「ぷっ」すま3月で終了、節目20年で幕引き

元SMAP草なぎ剛(43)がMCを務めるテレビ朝日系「『ぷっ』すま」(金曜深夜0時50分)が、3月末で終了することが26日、分かった。1998年10月の放送開始から節目となる20年目の幕引きとなる。

代理店関係者によると、今年番組開始20年目の節目を迎える中で、テレビ局側がこれまでの功績を十分に鑑みた上で総合的に判断し、“卒業”という形での終了となったという。このほど、広告関係者ら周囲にも終了の旨が伝えられた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00110015-nksports-ent

1

続きを読む

【悲報】「人志松本のすべらない話」に批判殺到

Published / by kyousoku1
<人志松本のすべらない話>批判多数!「全然笑えない」の声も スベってるの声多数

1 :  2018/01/24(水) 23:07:09.62 ID:CAP_USER9.net
1月20日に放送された『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)をめぐって、ネット上では批判が巻き起こっている。今回はフリーアナウンサーの宮根誠司のほか、孤高の地下芸人のチャンス大城、若手芸人枠から霜降り明星のせいやが初登場となった。

もっともすべらなかった話に与えられるMVSは、せいやの「女王様」が獲得。だが、せいやの話は「テンションで押し切りすぎ」「全然笑えない」といった声が相次いでいる。宮根に関しても「隠し子の話しろよ」「話長すぎ」といった声が聞こえる。

「『すべらない話』は2004年に深夜番組としてはじまります。そのため、現在よりも下ネタやくだらない話などが多く散りばめられ、コアなファンを獲得していました。しかし、ゴールデン進出以降は、SMAPメンバーの中居正広、稲垣吾郎、香取慎吾のほか古舘伊知郎、板東英二など“非芸人”のゲストを多く招くようになります。このあたりからマニアック度が薄れていったと指摘するファンは多いですね」(放送作家)

さらに、今回はほぼ無名の若手芸人が優勝を果たしたことも物議をかもし出しているようだ。

全文
http://news.livedoor.com/article/detail/14202121/

1

続きを読む

【悲報】「芸能人格付け」GACKT連勝の裏側を関係者が暴露!?

Published / by kyousoku1
「芸能人格付け」GACKT連勝の裏側を関係者が暴露!?

1 :  2018/01/15(月) 20:34:43.26 ID:CAP_USER9.net
1月1日に放送されたバラエティ番組「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018正月スペシャル」(テレビ朝日系)にて、X JAPAN・YOSHIKIとペアを組んだGACKTが全勝を果たした。これでGACKTは、個人連勝記録を55に伸ばした。

「芸能人たちが“本物”を見極める正月恒例番組の『格付けチェック』ですが、今や視聴者の注目の的は、連戦連勝記録を更新するGACKTが、どこまで記録を伸ばすのかという点です。そして彼は今回も『ベテランの和楽器演奏』や『1億円の盆栽』などを見抜き、不敗神話を継続させました」(テレビ誌記者)

そんなGACKT効果もあってか、同番組は19.6%という高い平均視聴率を記録。しかし一部では、出演者が予め答えを知っているのではないかというヤラセ疑惑が持ち上がっているという。

「1月10日発売の『週刊新潮』が、『誰が勝つか予めシナリオがある』と語るテレビ関係者の証言を掲載。記事によると、直接答えを教えることはないものの、問題の傾向を教えていると聞いたことがあると暴露しているのです。これが本当ならば、出演者は、盆栽や楽器問題が出ることを先に知りながら収録に臨んでいることになります。それでも当てるのは凄いことかもしれませんけどね」(芸能記者)

https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_44664/

1

続きを読む

【悲報】『エンタの神様』、視聴者がつまらなさに気付いてしまう

Published / by kyousoku1
【悲報】『エンタの神様』、視聴者がつまらなさに気付いてしまう

1 :  2018/01/11(木) 19:13:18.03 ID:BPkKk717p.net
年末大紛糾!『エンタの神様』SP放送の惨状と不人気ぶり「観覧希望にも人が集まらない……」

昨年12月29日に放送された、『エンタの神様&有吉の壁「年末は爆笑パーティーで盛り上がろう!SP」』(日本テレビ系)。

かつての人気番組『エンタの神様』が、視聴率低下などから不定期放送に変わって久しいが、今回は『有吉の壁』との合体で4時間半スペシャルとして登場した。

放送中のTwitterのトレンドには「エンタ」「エンタの神様」がランクイン。「やはり不定期放送となると、盛り上がるのか」と思ったが、実際の呟きを見てみたところ、どうも様子が違う。

もちろん「エンタの神様面白すぎ」などの肯定的なつぶやきもあるが、それより目立つのは「エンタの神様見てるけど全然面白くない(笑)」「エンタの神様くらい視聴者を小馬鹿にした番組ってないよな。なんで未だにやってるの?」といった否定的意見。

さらに多いのは、以下のような呟きだった。

「エンタの神様が終わるのをひたすら待っている」

「エンタの神様いつまでやるつもりなの 有吉の壁はよ」

「エンタの時間削って有吉の壁に長く時間取ってくれないかなぁ~ てか、エンタいらないでしょ」

「やっと始まったな有吉の壁。エンタの神様がゴミ過ぎたからな。」

「ようやく#有吉の壁はじまったー。つらかったーエンタ視聴地獄」

「エンタの神様の安定のおもんなさと雑な終わり方に草生えますよ」

「エンタの神様この終わり方あり!?」

「有吉の壁だけ見たいんだけど何でエンタと合体してんだよ」

なんと、エンタが面白い・つまらないといった内容以前に、合体した『有吉の壁』のスタートを望み、イライラするつぶやきが大多数。さらに、さんざんエンタで引っ張った挙句、唐突な終わり方をして『有吉の壁』が始まったことへの驚きの声も多数あったのだ。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14144467/

1

続きを読む

【衝撃】フジテレビ、ガチでヤバイ・・・・・・最終局面へ・・・・・・

Published / by kyousoku1
フジテレビ、ついにテレ東に抜かれ最下位転落 … CMが入らず最終局面へ

1 :  2018/01/11(木) 13:22:51.75 ID:0rWjKIYy0●.net
2017年上半期の平均視聴率(4月3日~10月1日、週ベース)は、日本テレビホールディングス(HD)傘下の日本テレビ放送網が全日(6時~24時)、ゴールデンタイム(19時~22時)、プライムタイム(19時~23時)ともトップだった。「視聴率三冠王」で、日本テレビの独り勝ちだ。

各社がもっとも力を入れるゴールデンタイムの平均視聴率は、日本テレビが12.2%で首位、2位は日本放送協会(NHK)の10.2%、3位が東京放送ホールディングス(TBS)の9.6%、4位はテレビ朝日ホールディングス(テレビ朝日)の9.1%。5位はフジ・メディア・ホールディングス(フジテレビ)の7.7%、最下位はテレビ東京ホールディングス(テレビ東京)の6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

民放キー局の17年4~9月期連結決算に基づき、地上波テレビ単体の業績を比較してみよう。

ここでも、日本テレビがトップを走る。売上高は日本テレビ(1533億円)、フジテレビ(1272億円)、テレビ朝日(1183億円)、TBS(1075億円)、テレビ東京(541億円)の順。営業利益は日本テレビ(171億円)、テレビ朝日(35億円)、テレビ東京(32億円)、東京放送(29億円)と続くが、フジテレビだけが8億円の営業赤字となった。

テレビ業界は視聴率の低迷から抜け出せず、広告収入が目減りしている。視聴率でトップを走る日本テレビHDと営業赤字のフジ・メディアHDは、どこがどう違うのか。

■日本テレビの業績を下支えする放送外事業収入

フジテレビ、ついにテレ東に抜かれ最下位転落 … CMが入らず最終局面へ
http://biz-journal.jp/2018/01/post_21949.html

1

続きを読む