月別アーカイブ: 2018年2月

【悲報】やっぱり出てきた羽生結弦、カー娘バッシングに対して専門家に意見を聞いた結果・・・・・・

Published / by kyousoku1
【平昌五輪】<やっぱり出てきた羽生結弦、カー娘バッシング>専門家の意見は…ひがみや嫉妬を覚悟の上で臨んでいる

1 :  2018/02/27(火) 21:18:56.88 ID:CAP_USER9.net
《カーリング 女子 嫌い》

2月27日午後9時現在、大手検索サイト・グーグルで「カーリング」と検索しようとすると、このような検索予測キーワードが表示される状態が続いている。ツイッターにおいては顕著で、同様の検索予測キーワードだけでなく、「#カーリング女子嫌い」というハッシュタグまで登場する勢いだ。

実際に「カーリング 女子 嫌い」とツイッターで検索してみると、「おやつタイム」と呼ばれる、カーリングの競技中に設けられる、おやつを食べる休憩時間の様子をテレビ中継されている様子や、ネイルをしながら競技をしている姿勢に不快感を示しているものもある。だが、最も多いのは、「『カーリング女子嫌い』と投稿している人が嫌い」という投稿だ。

一部の嫉妬やひがみに過剰反応している格好。純粋に「カーリング女子嫌い」と投稿している人のアカウントを見ると、大半が女性ユーザーであるとみられる。

一方、ツイッターで「羽生結弦」と検索しようとすると、「羽生 嫌い」「羽生結弦 嫌い」と表示される。ツイートを見てみると、こちらは男性ユーザーが中心のようだ。双方の投稿を眺めていると、「四六時中メディアで取り上げられ続けている様子に対して嫉妬しているのでは」といった分析もある。

いずれにせよ、冬季オリンピックが終了し、凱旋帰国したカーリング女子日本代表や羽生結弦選手に、ごく一部ではあるが心ない声が浴びせられ、それを発端に“炎上”しているというわけだ。こうした現象に対し、スポーツライターの折山淑美さんはこう分析する。

「活躍する選手に対し嫉妬したりひがんだりして、よく思わない人というのが10%ぐらい必ずいます。こうした少数意見が目立つだけであって、こうした意見を多数意見として捉えてはいけません。おやつタイムにしても、カーリングの場合、試合時間が長いから休憩時間があり食事するわけですが、これはマラソンの給水と一緒です。まるっきり的外れな批判と言えます」

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180227-00000082-sasahi-spo

1


続きを読む