【悲報】“ぬっくん”温水洋一を見かけなくなった“裏事情”がこちら・・・・・・マジかよ・・・・・・

あんなに人気だったのに……“ぬっくん”温水洋一を見かけなくなった“裏事情”

1 :  2018/01/18(木) 07:24:31.44 ID:CAP_USER9.net
「このハゲーッ!」よりも遥か前、自らの頭髪の薄さと幸薄そうな個性的なキャラクター、そして自分の意見など言えなそうもない情けなさそうな風貌を武器に、TVドラマやバラエティ番組で引っ張りだこだった俳優・温水洋一(53)。最近見かけることが減ったけど、一体どうした?

***

「そもそも温水を見出したのは明石家さんま(62)」というのは業界関係者。

「それ以前から端役でドラマにも出ていましたけどね。でもメジャーになったのは、2000年に、さんまさんがコントでなく、初めて本格的舞台に主演した『7人ぐらいの兵士』で共演した温水さんを気に入って、自分のバラエティ番組『踊る! さんま御殿!!』(97~放送中/日本テレビ系)や『明石家マンション物語』(99~01年/フジテレビ系)に出すようになったからですよ。さんまさんから“ぬっくん”と呼ばれて、読みにくい名字も知られて、認知度もアップ。それ以降はドラマに映画にと引っ張りだこになりました」

(中略)

「そもそも売れたのは、さんまさんとベッタリで、『さんま会』などのつながりがあったこと。それと当時、温水さんについていたマネージャーが本当に綺麗なお姉ちゃんでね、別に彼女がなんかするわけではないんだけど、売り込みも上手いし、彼女と仕事をしたいというスタッフも多かったんです。それが『ぬっくん』とか呼ばれて勘違いしちゃったんでしょうね。ああ見えて、温水さんって“二の線”を気取るんですよ。ギャグではなくて、本気でイケてると思っているようなんです。『それが却って気持ち悪い』とはっきり口に出して言う女優もいるほど。そして現場では、気が弱いどころか、気に入らない演出などがあるとグチグチ文句を言って五月蠅いんですよ。ケンカになることすらあるから、特に若いスタッフに敬遠されるようになったんです」

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180118-00536258-shincho-ent

1
“ぬっくん”こと温水洋一(ワン・ツゥ・スリー公式HPより)

続きを読む